つながり

すずき園芸さんで鉢を拝見中、棚下の奥で発見!信楽の古びた青銅蘭鉢。
蘭花村鉢と形が似ているでしょ!
実はこのふたりの生まれは同じ窯なのです。
蘭花村鉢の型をもって窯元を訪れた際、「これと同じような型が昔ありましたよ」といっていたのを思い出しました。実際、先代(健在です)が焼いたという型も本体も残っておらず見ることは出来ませんでした。その後数回別のところで目にすることはできたのですが、入手は出来ずにいました。
それが、蘭花村鉢の販売の打ち合わせのタイミングで会うことが出来たなんて不思議な縁を感じてしまいます。
ずっと使用されていたもので、欠けが少しありましたが、兄貴分としての風格を保っています。
c0068168_1443296.jpg


赤身のスギータです。綺麗に整えて鉢台を作ります。
c0068168_1443147.jpg
こんな配置で撮影するなんて考えもしなかった....。大きくアップしましたのでクリックしてみてください。
by lishui | 2006-09-11 14:06 | | Comments(3)
Commented by J, at 2006-09-11 14:29 x
はちはともかく・・・下の板が気になります???
Commented by J, at 2006-09-11 21:24 x
良い板です・・ヒマな時に耳切り落として表にほっぽらかしておくと・・アジでるよ・・。ほんとは川の中に一年くらい漬け込んでおくと、アジも出てその上狂わない敷き板できるんだけど・・・。
Commented by at 2006-09-11 22:26 x
兄貴の鉢は 洋物に合うように見えます。
弟分の方が 東洋蘭になじめそう。
杉材には暖かみを感じる。出隅は面取りしたいな。