中国鉢

松村鉢とおとついお江戸で手に入れた中国鉢。
鉢の知識はまるで無いそんちょですので、選ぶ基準は、大きさと形と値段。
中国鉢というと明だの清代だのいわれるが、そんな古いものは手にはいる筈は無いので興味も、持つこともできない。
新しい時代のものでいっこうに構わないのだが、今輸入されて売られているもので大きさと形が手ごろなものはほとんどないものです。これはいいかな?と思うものも、工芸品ふうにやたら装飾や絵がついていたりしてガッカリすることがしばしばです。
左の松村鉢も中国鉢と呼んでいいんでしょうか。
c0068168_11424236.jpg

by lishui | 2006-09-12 11:43 | | Comments(7)
Commented by J, at 2006-09-12 12:08 x
松村さんと黄さんの「合作」・・松村鉢は中国の「手びねり」ですから、ビミョウにいい加減なところが、とてもいいんです!!つくりすぎてないんですね、題字は松村さんの揮毫です。でも寸がちょっとおおきいから・・「蘭花村鉢」のほうが最初はイイネ・・それでイッパイになったら松村鉢カナ??
Commented by lishui at 2006-09-12 12:24
ひとまわり小さいのが欲しいですよね!
村では植える株がなぁーーい!
Commented by J, at 2006-09-12 19:43 x
そんなことないですよ~ 4~5条のを植えて2年も作りこんでちょうど良くなるんだから・・・。

4~5年手間いらずでいいんじゃない?
Commented by lishui at 2006-09-12 20:38
んっ! そういわれて 見直して見ると...
貴重な大きさかも...! 縦横のバランスも絶妙だし...!
Commented by J, at 2006-09-12 21:50 x
そーなの・・・出来れば、石灰かけて一回焼きたいよね・・。
Commented by lishui at 2006-09-12 21:59
そ ですね! ちょうどそれ考えてたとこ!
Commented by at 2006-09-12 22:03 x
絵が無ければ すごく良い鉢だよね!
脇役に徹してくれるの むつかしいのかね~