カテゴリ:苔( 10 )

たんぼの畦に生えていた。
ひょっとして「ヒロクチゴケ」???
c0068168_17331378.jpg
c0068168_17334291.jpg

日の出も数分だが早くなり、日の入は冬至の頃より30分は遅くなっている。
そんちょがかわいがっている苔たちは敏感に季節を感じているらしく、新しい緑を出してきた。
トラノオゴケ
c0068168_102818.jpg
ネズミノオゴケ
c0068168_1093480.jpg
タマゴケ
c0068168_1054638.jpg
シノブゴケ
c0068168_1055298.jpg

色々な苔を作ろうとしてみたが、この4種が年を越えて生き残ってくれている。
寒さで眠たい色が多かった今期の杭州寒蘭・・・・・。
鮮烈なヒスイ色が楽しめるのはやはり霜の降りる時期までか・・・!?

そ いえば、、昔々のお話ですが、、、メジロ(鳥)捕りに夢中になっていた
そんちょの少年時代、、、、、
「霜メジロ」と言って品質(品格?)が落ちてしまうような話を大人から聞いたような・・・!

のどかな時代を思い出してしまいました。

コケはこれから活動のシーズン!
c0068168_14305225.jpg
c0068168_1431565.jpg
c0068168_14311174.jpg

寒さの中、、春を感知しているのか、、
もぞもぞと起きだしてきている。
c0068168_124344.jpg
c0068168_12431264.jpg

c0068168_14181940.jpg

今朝の大雨で新しく築いた谷地田の畦が決壊。。。。
補修に遅くまでかかってしまいました。

というわけで、、、、
苔 Time
c0068168_22124253.jpg

しそうだというので、、、
きのう、きょう と農作業に精を出しすぎました。

案の定今日の午後から雨が落ち始め、あと少しで終わりそうなので小休止。。。
明日またがんばります。

画像は、、「クジャクゴケ」。
人工照明下での緑のコントラストがすばらしいので、、アップ!
c0068168_21563175.jpg

コケの栽培に古ミズゴケを使っているが、、
ニュージーランド産を1年以上フウラン栽培に使用したものを頂いてきているのですが、
これから青々と再生してきているのである。
ビックリ!
c0068168_21304275.jpg

まったくもって同定のむつかしい苔類である。
ホソバオキナゴケ(ホソバシラガゴケ、マンジュウゴケ)、アラハシラガゴケ、オオシラガゴケの3種類はやっと最近になって分かり始めた。
写真左側がアラハシラガゴケ、真ん中の白いのがオオシラガゴケ、右側がホソバオキナゴケ。
c0068168_21441237.jpg

伊豆での苔探索で・・・・・・!
マンジュウゴケの白化現象・・・・・!
もしかしてコケの柄物???
と 色めきたったのはそんちょ・・・!
同行の物知り先生は冷ややかな含み笑い・・・・!

しかし、初めて見た現象なので、、村まで同行願いました。
c0068168_224401.jpg