<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ここんところの好天で土がよく乾く。
今朝は念入りな水遣り。
いつのまにか四季蘭に蕾が見えてきた。
なぜか粗末にされていてラベルも取れて他にまぎれこんでしまっていた。
品種名の記憶もなくなっている。
c0068168_9441245.jpg
c0068168_9442112.jpg

秋の収穫にむけて準備を始めたら、納屋の中からこんな棒が出てきました。
長さ160cm。さてこれは何でしょうか?
●年配の方は郷愁を感じられるかも。
●かなり丈夫ですが「シナリ」があります。
●拡大写真の突起がミソ。
●「あるもの」がセットになるとすぐに分かるんだけど!
●中国ではまだ現役らしい。
●時代劇ではよく出てきます。
c0068168_1011674.jpgc0068168_1012483.jpg
c0068168_13265489.jpg「どうだ!これが秋だ!」と怒鳴っているような青空。雲が高い!
葛の花も終盤!
c0068168_1327736.jpg夏の終わりから増えてくるのが落ち葉と抜け毛(?)..!
けどこれを集めて紙を漉く予定。たくさん集まればいいけど、たくさん集まるようでは....!
悩み多き秋である。

これもまだ咲いている夏花。
c0068168_13271576.jpg

c0068168_1173291.jpg秋の天気が続き、体調は絶好調!
けど「のーーんびり」モードに入ってしまって新鮮なネタが..(・_・;)
ピンクの小さなまんじゅしゃげで遊んでしまいました。
いい鉢に入れてみました。鉢皿も250円のじゃなくて揃いのがあるといいなぁ!

杭州もまだまだ咲いてるんですが....!
c0068168_1174493.jpg

c0068168_1116893.jpgdowalkaroundさんちで蘭花村鉢を飾ってくれました。玄関先に置いてくれてますが、さまになっています。
台風が来ても大丈夫ですからね。

Shang兄のところでも台風13号に負けなかった鉢。で蘭花村鉢が紹介されてますよ。
c0068168_10135362.jpg実りの秋。稲穂が垂れてきました。
なんとポリ容器で育てた斑入りの稲です。
一挙両得。来年は一杯作っちゃおうかしら!


これは、遠州寒蘭です。天竜川の中流域で採取されたほぼ北限の寒蘭です。大輪青の良い花が咲きます。
c0068168_1014291.jpg

c0068168_95982.jpg秋本番。
あたり一面秋景色。
稲もたわわに豊作の予感!
蘭花村での収穫は10月に入ってからになります。

栗の木も大きくなっておおきな実をつけました。昨日は栗ご飯食べました。(^^♪c0068168_9592497.jpgc0068168_9593287.jpg

これはきれい。ピンクの彼岸花。
c0068168_9594684.jpg

白花も発見
c0068168_9595987.jpg

c0068168_10365953.jpg気をつけてるんですが、すぐ怠っちまうんですね! 
あれこれ と悔やんでも悔やみきれない経験は一杯!!!
悔やみかたがだんだんと希薄になっていくのも年のせいか?


まんまるの蕾(^^♪ 春剣蘭。
c0068168_10372540.jpg

c0068168_9132261.jpg秋の好天が続きます。昔からのことわざ、言い伝えが「なんのこっちゃ??」ってな時代がこないように「自然は大切にしよう」と思うこの季節です。
蘭小屋には季節はずれの「てふてふ」が....。

たっぷり楽しませてくれた花たちも終演をむかえました。
c0068168_9134570.jpg

c0068168_931815.jpg秋の好天が続きますが当地では彼岸花の開花が遅い。やっとちらほらと開花が始まった程度。遠目ではまだ全然見えてこない。あと2、3日か!

これが一番大きい花芽。
c0068168_9311858.jpg

このくらいが標準の大きさかな?まだまだ見えてこないものが多いけど。c0068168_9312440.jpgc0068168_9313243.jpg
c0068168_9235772.jpg天高く 抜けるような青空。
菊科の雑草は秋には名前を調べきれないほどいろんな種類が咲いてきます。近くで見るとみんな美しいです。

蘭の生育も最後の追い込み。植え替え、水遣り、施肥と忙しくなります。


一輪のみ葉っぱに隠れて咲いていました。これが最後かな?
覆輪の白がひろく際立っています。
c0068168_9234622.jpg