<   2008年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

体中筋肉痛・・・・やはり毎年体力が低下するなぁ・・・!
少しずつ体を百姓モードに鍛えなおさなくては・・・!

かなりよい雰囲気、迫力で咲いた春剣蘭。野暮ったい花を咲かせがちな春剣だが、このくらい落ち着いた色ならば楽しめる。
c0068168_10241837.jpg

今年温州から連れてきた蕾が2つ開いてきた。固い蕾を無理やり買わされたもので心配してはいるのだけど・・・・、果たして????c0068168_1026458.jpgc0068168_10275428.jpg

今日の墨蘭。
ケイランの代表的品種の「大勲」。この品種は丸っこいかわいい花を咲かせるので愛好家が多い。韓国でも人気で大量に買って行く。
今朝はまだ雨模様で花の色が沈んでいるが、お日様が出てくればもっと鮮やかな色をみせてくれる。
c0068168_10333536.jpg

なんと言われようとこの時期に咲いてくる報歳蘭の花には魅了される。昔のブームの頃に柄物の期待品で入ってきたもの、品種名がつけられていたもののマイナーで名前すら分からなくなったもの。それらの一部がまだまだ発掘できるのである。
下の2種はそんな鉢に咲いた不明種なのです。
c0068168_16494949.jpg
c0068168_16495954.jpg

c0068168_13113857.jpg
あっというまに季節はホウサイランの花の似合う光を漂わせるようになった。
葉姿が大きいきらいがあるが、花の色は「墨蘭」の呼称にふさわしい味わい深い深みがあり魅入ってしまう。この雰囲気は「墨蘭」でしか味わえないだろう。
ただ、ケイランとして葉芸を楽しんできた歴史が長く、花の種類は極端に少ないのが残念なのだ。
c0068168_13145085.jpg

c0068168_1315174.jpgc0068168_13153182.jpg
c0068168_1316451.jpgc0068168_131717.jpg
はなんといっても京都で見た宋梅でしょう。
「老宋梅」と呼びたいほどの存在感を見せてくれました。
c0068168_1053843.jpg
それから・・・・次の一番は・・・・。
展示会中に開いてきた西神梅。かわいいのなんの! その後どんなに咲いているのか気がかりです。
c0068168_10101539.jpg
これも展示会中に開いてきたそんちょの今年の新花。あれから1週間、大きく展開してきました。
c0068168_10103753.jpg

はやくも桜満開の便りが・・・・・・

村の蘭達はそろそろ散り際で 寂しくなってきてはいるが、各種とり揃えまだまだ楽しめます。
豆弁蘭、ダダコウ、蓮弁蘭、中国春蘭、日本春蘭、、まだまだ咲いている杭州寒蘭、咲き始めた九花、報歳蘭、、ワカ蘭と多種の花が交錯しています。

一旦赤くなりそうだったのですが濃い緑に落ち着いた豆弁蘭。
c0068168_106399.jpg
ますます色が冴えてくるダダコウ。
c0068168_107742.jpg
まだまだ健在、杭州寒蘭。
c0068168_1072371.jpg


c0068168_857359.jpg
さくらの開花にあわせたように村の九花が開いてきた。
この九花、5、6年前に買ったもので、初めての開花。
葉の爪フクリンが花にも出て若干のアクセントになっている。
ほんのり紅をさした花弁も悪くない。
舌も地合いが白くて結構見られる。
c0068168_8571557.jpg
c0068168_8572410.jpg

京都宋梅会で宋梅の良さを再々認識したそんちょ。
以前から気になっていた「さ る 棚」で絶滅寸前の蘭の救出作戦を決行することにしました。
去年一応植え替えた様子ですが、明るすぎる場所に置かれ葉は黄色に、ラベルが無ければ宋梅と気づく人はいないでしょう。
ま、数年後の楽しみとして大事に植え替えます。
c0068168_17224272.jpg
c0068168_17225657.jpg

c0068168_10382770.jpg

いつの間にか季節は春。今年は一気にいろいろな花が咲き乱れてきました。
のんびりそんちょとしては見逃すことが多そうな勢いです。

報歳蘭も開いてきました。c0068168_10384142.jpgc0068168_10385059.jpg
c0068168_10392210.jpgc0068168_10393423.jpg
九花ももうじき。c0068168_10405514.jpgc0068168_10422481.jpg
京都宋梅会の展示会に参加させていただきました。
京都の建仁寺の禅居庵という素晴らしい環境での展示は、蘭の魅力を最高に引き出してくれます。
増して愛培歴の長い宋梅会会員の蘭の素晴らしさ、、・・・。毎年認識を新たにさせられます。
c0068168_18252830.jpg

c0068168_10373332.jpg
c0068168_10381157.jpg
c0068168_1038244.jpg

c0068168_9513122.jpg

c0068168_951327.jpg

c0068168_9513348.jpg

静かな朝がきました