c0068168_12565156.jpg
青花は撮影が難しい。というか、見たまま、感じたままの色を伝えようと思うと何度も何度も撮りなおさないと、見てもらっても反応がないことになる。こうして過去のショットを見直してみると到底実物の印象通りに写っているものは皆無といわざるを得ない。どうも背景紙を使わずに写したものが雰囲気が出ていると思う。背景紙の前に移した時点で光線の状態が変ってしまうのです。
その点この花のように個性のあるものは得である。(2004.11)
c0068168_1253848.jpg
たくさん雨が降りました。この季節から田んぼまであふれる雨が降ると、鮒や鯰、雷魚が産卵のため田んぼにさかのぼってきます。これは産卵を終えて水が引いた田んぼの側溝を川に戻るところを撮影したものです。ほんとはジャンプして上っているところを狙わないといけないですが、大体が雨が降っている最中なので。
自然の生き物は生息環境さえ残っていれば逞しく生きていくんですね。
c0068168_12312382.jpg今日は昨日までの好天とは打って変わって肌寒い雨模様。体調に気をつけないと!
去年最後に入った杭州の残り花。非常に貧弱な蕾だったのでほっておいたんですが、やっと開きました。
弁先が痛んでいますが、これがまた、いい花でこの時期特に花がない中、癒されます。

下の写真は、植物検疫を無事通関してきた証しです。


c0068168_1253520.jpg

c0068168_9414086.jpgこれが蓮弁?
今年の珍品賞!
輸送中に花弁がいたんでしまってキセルの先っぽみたいになってしまっていますが、緑花で硬棒。相当期待品です。早いとこちゃんと本咲きさせたいです。

中国の五・四は平穏だったようですね。仲良くやっていきたいですね。デモ無し!! 
私も心配してるよ
c0068168_920591.jpgうちの連休は今日で終わり。昨日やっと子ども達3人が揃って夕食。今日は一番上と一番下が早朝から名古屋へ出発。大混雑が予想される名古屋万博へ。真ん中は久しぶりの友達を呼んで一日中家で遊ぶらしい。父は遣り残した仕事を一人片付けます。

次男が派遣先の岩手の山(自分の庭?)で撮影してくれたカタクリの花です。現地はちょうど山菜のシーズンとのこと、カタクリも「おいしかった」と言っていました。
c0068168_1433749.jpg日本では見たことのある人はほとんどいないでしょう。シンビジューム系ですが作りにくい蘭です。
うちでいれた珍珠矮は1年と持たず、この花は友人のところでなんとか生きながらえて、今開花しているものです。本来もっと丸弁のかわいい花なのですが、やっと咲いてくれたので誉めてやろうと思います。
c0068168_11384162.jpgc0068168_11385495.jpg

















みかんが開花して芳香を漂わせ、気の早い蕎麦ももう花をつけています。なんか今年の春は超特急で行ってしまったような!!スピードの出しすぎは危険なんですよーーーー!